返討(読み)かえりうち

  • かえりうち かへり‥

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙
① 自分と関係のある人を殺傷した相手に復讐をしようとして、逆にその相手に討たれること。
※浮世草子・好色二代男(1684)七「角彌最後の残念は帰り討(ウチ)に逢と云」
※浄瑠璃・平仮名盛衰記(1739)四「此場で返り討にすべきを、見遁すは今迄の誼(よしみ)
② 江戸時代、主人が下人を手討ちにしようとして、かえって下人に殺されること。この場合、家は断絶となった。
※的例問答(江戸後)三「一、返り討に相成候得ば、家断絶に候事」
③ 転じて、一般に、相手にしかえしをしようとして、逆にまたやっつけられること。
※滑稽本・八笑人(1820‐49)初「誰も来ヤアしねへ。かへりうちをくらったな」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の返討の言及

【敵討】より

…敵を探すのに要した年月の最長は1853年(嘉永6)の例の53年間であるが,20~30年の例も少なくない。敵に切り殺される返討(かえりうち)になってもやむをえない。敵の親族が再敵討(またがたきうち)をすることは許されない。…

※「返討」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

二・二六事件

1936年2月 26~29日,東京で,国家改造を目指す陸軍青年将校が陸軍部隊を率いて反乱,クーデターを試みた事件。 26日早朝の蜂起後,27日東京に戒厳令がしかれたが,28日反乱部隊は「騒擾部隊」とさ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android