コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウチ ウチ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ウチ

日本音楽の用語。楽器の奏法名。「うつ」ともいい,「打」の字をあてる。 (1) 三味線では,撥 (ばち) で弾かずに,左手の指で弦の指定された勘所を打つ奏法。また,休止にあたるところで,左手の指をそろえて棹を軽くたたいて間 (ま) をとるときにもいう。 (2) 箏曲では,打爪ともいい,爪で弾かず,中指の爪皮の腹で弦を軽く打続ける奏法をいい,アッチェレランドする (次第に速める) ことが多い。ただし,筑紫箏では,普通の箏曲のツキイロにあたるような奏法をいい,『糸竹初心集』では,カキテにあたる奏法をいった。また『箏曲大意抄』では,拍にあたるところで,爪で弦を弾くことがない場合の記譜として「打」の字が用いられている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典内のウチの言及

【同族】より

…本家とその親族分家や奉公人分家,また直接分家だけでなく間接分家(分家の分家,すなわち孫分家とか又分家と呼ばれた家)をも含む組織集団。農山漁村社会でマキ,マケ,マツイ,カブウチ,イッケ,クルワなどとも呼ばれ,商人社会ではノーレンウチなどとも呼ばれた。社会学,民族学,民俗学,社会人類学によっては同族団(同族集団,同族団体,同族組織)と呼ばれ,国際学界でもdozokuの名でとおり,クランclanやシブsibとは区別されている。…

※「ウチ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ウチの関連キーワードアテネ・オリンピック競技大会BIRTHDAY BUNKOダイモンジソウ(大文字草)ニチリンヒトデ(日輪海星)ウチヤマホールディングスサボテングサ(仙人掌草)ゴクラクチョウ(極楽鳥)スターティングブロックスタンディングスタートセンニュウ(仙入)カン ドンウォンチョウチンゴケゴクラクチョウニチリンヒトデチェ ドンフンミヤマシキミマンネンスギ薬液注入工法巣ごもり消費小袋充填包装

今日のキーワード

地蔵盆

主に京都などで、8月23日・24日(古くは陰暦7月24日)に行われる行事。石地蔵にお飾りをしてまつり、さまざまの余興を行う。地蔵祭り。地蔵会(じぞうえ)。《季 秋》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ウチの関連情報