コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウチ ウチ

1件 の用語解説(ウチの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ウチ
ウチ

日本音楽の用語。楽器の奏法名。「うつ」ともいい,「打」の字をあてる。 (1) 三味線では,撥 (ばち) で弾かずに,左手の指で弦の指定された勘所を打つ奏法。また,休止にあたるところで,左手の指をそろえて棹を軽くたたいて間 (ま) をとるときにもいう。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のウチの言及

【同族】より

…本家とその親族分家や奉公人分家,また直接分家だけでなく間接分家(分家の分家,すなわち孫分家とか又分家と呼ばれた家)をも含む組織集団。農山漁村社会でマキ,マケ,マツイ,カブウチ,イッケ,クルワなどとも呼ばれ,商人社会ではノーレンウチなどとも呼ばれた。社会学,民族学,民俗学,社会人類学によっては同族団(同族集団,同族団体,同族組織)と呼ばれ,国際学界でもdozokuの名でとおり,クランclanやシブsibとは区別されている。…

※「ウチ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ウチの関連キーワード音頭唱歌本曲壱越日本音楽呂旋法和洋合奏ユスティヌス、ア・デスポンサツィオネ・BMV:鍵盤音楽の奏法/piano soloアシライ[会釈]

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ウチの関連情報