コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

迦毘羅仙 カビラセン

デジタル大辞泉の解説

かびら‐せん【迦毘羅仙】

《〈梵〉Kapilamahāṛṣiの漢名》前300年ころのインドの哲学者。六派哲学の一、サーンキヤ学派の開祖とされる。「サーンキヤスートラ」の著者といわれるがこの書は実際には後世の作。カピラ。生没年未詳。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

かびらせん【迦毘羅仙】

〔Kapilamahārsi〕 紀元前300年頃のインドの思想家。サーンキヤ(数論)学派の創始者といわれ、「サーンキヤ-スートラ」の著者と伝えられる。生没年未詳。迦毗羅仙。カピラ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

迦毘羅仙の関連キーワード迦毘羅外道迦毘羅

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android