迦毘羅仙(読み)カビラセン

大辞林 第三版の解説

かびらせん【迦毘羅仙】

〔Kapilamahārsi〕 紀元前300年頃のインドの思想家。サーンキヤ(数論)学派の創始者といわれ、「サーンキヤスートラ」の著者と伝えられる。生没年未詳。迦毗羅仙。カピラ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

スト破り

ストライキの際、使用者側について業務を続けること。特に、使用者がストライキに対抗して雇用者の一部や外部からの雇用者を就業させること。また、その労働者。スキャッブ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android