コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

六派哲学 ろっぱてつがく

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

六派哲学
ろっぱてつがく

インドの正統バラモン系統の6種の哲学派をいう。通常,サーンキヤ学派ヨーガ学派ミーマーンサー学派バイシェーシカ学派ニヤーヤ学派ベーダーンタ学派をさす。6つの哲学派をこのようにひとまとめにして呼ぶことはインドでは古い時代から行われていたが,その6つの内容は一定していなかった。上記の6つを六派哲学と呼ぶことは,おそらく F.ミュラーや木村泰賢に始る。正統バラモン系統のすべての学派を網羅するわけではないが,今日なお便宜的に用いられる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ろっぱ‐てつがく〔ロクパ‐〕【六派哲学】

インドのバラモン婆羅門)哲学の主要な六学派。ミーマーンサー(弥曼薩)学派・ベーダーンタ(吠檀多)学派・サーンキヤ(僧法)学派・ヨーガ(瑜伽)学派・ニヤーヤ(正理)学派・バイシエーシカ(衛世師)学派。成立は紀元前450年から後250年の間。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

六派哲学【ろっぱてつがく】

インドの正統バラモン教に属する六つの哲学学派。ミーマーンサー学派ベーダーンタ学派サーンキヤ学派ヨーガ学派バイシェーシカ学派ニヤーヤ学派の六つをさすが,この6学派を六派哲学と総称するのは近代になってヨーロッパのインド研究家の間で固定したもの。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ろっぱてつがく【六派哲学】

サンスクリット語のシャドダルシャナṣaḍdarśanaの訳。紀元前後に確立され,インドの正統的古典哲学の代表と目されてきた六つの哲学体系の総称。インド古典にみられる用例は非正統派の哲学も含めて6派と数える場合もあり,一定の型はなかったが,インド学の術語としては上述の意味が定着している。その大要は以下のごとくである。(1)ミーマーンサー学派の哲学 この学派は,ベーダ聖典に述べられている祭事にかかわる記述(祭事部)を整合的に解釈し,その命ずるところ(ダルマ)に従って正しく祭事を行うことを旨とする。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ろっぱてつがく【六派哲学】

インドのバラモン教における六つの哲学学派、すなわちバイシェーシカ・ベーダンタ・サーンキヤ・ニヤーヤ・ミーマーンサー・ヨーガ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

六派哲学
ろっぱてつがく

古代インドの代表的な六つの哲学体系の総称。サンスクリット語はシャッドダルシャナadarana。インドには数多くの哲学体系が成立したが、それらのうち唯物論、仏教、ジャイナ教のようなベーダ聖典の権威を認めない諸体系は、正統バラモンたちによって非正統派とみなされ、なんらかの意味でベーダ聖典の権威を認める〔1〕サーンキヤ学派、〔2〕ヨーガ学派、〔3〕ニヤーヤ学派、〔4〕バイシェーシカ学派、〔5〕ミーマーンサー学派、〔6〕ベーダーンタ学派のいわゆる六派哲学などは正統派といわれる。六派哲学おのおのの成立年代は明確ではないが、およそ120年から600年に至る480年の間、クシャーナ王朝からグプタ王朝にかけて、とくにグプタ王朝の時代に、諸学派の確立と展開が認められる。六派のうち、〔1〕は〔2〕と、〔3〕は〔4〕と、〔5〕は〔6〕とそれぞれ密接な相互補完の関係にある。また全体として共通の性格をもつ。第一に各学派には開祖が認められてはいるが、実際には長い年月にわたって多数の学者が徐々にその体系をつくりあげたもの。第二に各学派は「スートラ」straと称する根本経典をもち、それに絶対的権威を与えている。第三にそれぞれ異なったアプローチの仕方をしているとはいえ、ウパニシャッドで明確にされた業(ごう)と輪廻(りんね)の思想を出発点とし、輪廻からの解脱(げだつ)を究極の目標としている。哲学的思索はこの最高目的達成のための手段である。このことは仏教やジャイナ教などの非正統派の体系についてもいえることである。[前田専學]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の六派哲学の言及

【インド哲学】より

…正統バラモン教においても哲学学派が確立し,インド思想潮流の主流を形成した。仏教,ジャイナ教のように,ベーダ聖典の権威を認めない非正統派に対して,なんらかの意味でその権威を認める正統派にはいわゆる六派哲学がある。(1)サーンキヤ学派 宇宙の根本原理として,純粋に精神的原理プルシャと物質的原理プラクリティという2種を想定し,現象世界を説明しようとする二元論である。…

【ヒンドゥー教】より

…その一つは,ヒンドゥー教の最も高度な哲学的思弁を示す哲学的諸文献である。ヒンドゥー教の代表的な哲学体系は6種あり,各体系はそれぞれの基本的文献をもち,それに対してたくさんの注釈文献が残されている(六派哲学)。ヒンドゥー教の各宗派の基盤となる聖典も編纂され,ビシュヌ派的な性格をもつ〈サンヒター〉,シバ派的な性格をもつ〈アーガマ〉,タントリズム的性格をもつ〈タントラ〉と称する聖典が成立した。…

【ミーマーンサー学派】より

…紀元前後に成立したインドの六派哲学の一派。サンスクリットでミーマーンサカMīmāṃsakaと呼ばれる。…

※「六派哲学」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

六派哲学の関連キーワードイーシュバラクリシュナサーンキヤ・カーリカーサーンキヤ・ヨーガ説リチャード ガルベ正統バラモン教ビシュバナータパタンジャリアハンカーラシッダーンタプラバーカラアヌマーナウパマーナクマーリラ木村 泰賢ジャイミニアースリサットバガウタマカナーダヨーガ派

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android