コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

追善俳諧 ついぜんはいかい

1件 の用語解説(追善俳諧の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ついぜんはいかい【追善俳諧】

死者の供養,懐旧のための俳諧。追善連歌と同様に経文,名号を詠み込むこともあった。また書き方などに決りがあり,特に指合(さしあい)のある詞として,迷闇,堕獄,苦,悲などの使用はさけねばならないとされた。貞室の亡母追善《俳諧之註》(1642),芭蕉追善俳諧(《枯尾花》(1694)所収)が有名。特殊なものに《清十郎追善奴(やつこ)俳諧》(1667)がある。【井上 敏幸】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

追善俳諧の関連キーワード供養追善永代講経流し孝養追善供養虫供養追賁人の業盆灯籠

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone