コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

追善俳諧 ついぜんはいかい

世界大百科事典 第2版の解説

ついぜんはいかい【追善俳諧】

死者の供養,懐旧のための俳諧。追善連歌と同様に経文,名号を詠み込むこともあった。また書き方などに決りがあり,特に指合(さしあい)のある詞として,迷闇,堕獄,苦,悲などの使用はさけねばならないとされた。貞室の亡母追善《俳諧之註》(1642),芭蕉追善俳諧(《枯尾花》(1694)所収)が有名。特殊なものに《清十郎追善奴(やつこ)俳諧》(1667)がある。【井上 敏幸】

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

追善俳諧の関連キーワード井原西鶴(年譜)加藤暁台藤堂蝉吟

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android