追善合戦(読み)ツイゼンガッセン

精選版 日本国語大辞典の解説

ついぜん‐かっせん【追善合戦】

〘名〙 死者に代わってその恨みをはらし復讐をして霊を慰めるために戦うこと。また、その戦い。弔合戦(とむらいがっせん)
※類従本梅松論(1349頃)下「百ケ日の追善合戦して仏事に仕べし」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

栄典制度

社会に対する功労者の栄誉を表彰するために国法上与えられる特殊な地位に関する制度。大日本帝国憲法時代には,爵,位,勲章および褒章があり,その授与は天皇の大権事項であった(15条)。日本国憲法下にいたって...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android