追罰(読み)ツイバツ

デジタル大辞泉の解説

つい‐ばつ【追罰】

[名](スル)
あとからさらに罰すること。
追討」に同じ。
「君のため、―を請ふ」〈平家・七〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ついばつ【追罰】

( 名 ) スル
あとからさらに罰を加えること。
追伐ついばつ」に同じ。 「事停滞して武家-の宣旨を下されなば/太平記 2

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

つい‐ばつ【追罰】

〘名〙
① あとから罰すること。また、あとからさらに刑罰を加えること。
※正倉院文書‐(年未詳)(773頃)七月二〇日・写経生等請暇并不参解韓国形見啓「又伝聞、寧有追賞、而无有追罰」
※平家(13C前)七「君のため、追罰をこふ」
※謡曲・烏帽子折(1480頃)「八幡太郎義家安倍の貞任をご追罰あって」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android