コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

追罰 ツイバツ

デジタル大辞泉の解説

つい‐ばつ【追罰】

[名](スル)
あとからさらに罰すること。
追討」に同じ。
「君のため、―を請ふ」〈平家・七〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ついばつ【追罰】

( 名 ) スル
あとからさらに罰を加えること。
追伐ついばつ 」に同じ。 「事停滞して武家-の宣旨を下されなば/太平記 2

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

追罰の関連キーワード久世広周井伊直憲間部詮勝大伴家持堀田正睦平高望順治帝金宗直太平記野中婉宣旨追伐

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android