コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

追(い)込み オイコミ

デジタル大辞泉の解説

おい‐こみ〔おひ‐〕【追(い)込み】

追い込むこと。追い立てて中に入れること。
仕事などの最終段階で、全力を出してがんばること。また、その段階。「追い込みをかける」「追い込みに入る」
競走で、決勝点近くになって、後方にいたものが先行するものに一気に迫ること。また、そうして追い抜くこと。「ゴール前の追い込みがきまる」
料理屋などで、ひと部屋に多くの客を入れること。また、その部屋。
追い込み場」の略。
印刷の組み版で、行やページを改めずに、活字を続けて組むこと。「追い込み記事」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

追(い)込みの関連キーワード急進市民連盟[アルゼンチン]オーストリア=ハンガリー帝国社会民主同盟[ルーマニア]キューバ民主主義法案保守党[ノルウェー]世界動物園水族館協会市民同盟[ロシア]ロクセンフエダイヨスジフエダイアウグスツスバラフエダイオランダ戦争キシュラーク糸満[市]タマガシラ糸満(市)ゼロ国債フエダイ潜水漁法タカサゴ

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android