コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

退嬰 タイエイ

デジタル大辞泉の解説

たい‐えい【退×嬰】

しりごみして、ひきこもること。進んで新しいことに取り組もうとする意欲に欠けること。「退嬰の風(ふう)がはびこる」「退嬰主義」

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

たいえい【退嬰】

〔しりごみする意〕
新しい物事を積極的に受け入れていくような意気込みがないこと。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

退嬰の関連キーワード代・体・台・堆・大・太・対・對・帯・帶・待・怠・態・戴・擡・替・殆・泰・滞・滯・耐・胎・腿・苔・袋・褪・諦・貸・退・逮・隊・頽・體・黛叡・営・嬰・影・映・曳・栄・榮・永・泳・洩・營・盈・穎・翳・英・衛・衞・裔・詠・鋭ルイス(Harry Sinclair Lewis)ヴィタリアーノ ブランカーティブランカーティシュニッツラー下村 良之介金利生活者福島泰樹同和教育意気込み中野正剛本町通り退嬰的処女地

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

退嬰の関連情報