コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

退行律 たいこうりつregression law

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

退行律
たいこうりつ
regression law

イギリスの遺伝学者,優生学者 F.ゴルトンが 19世紀末頃唱えた説で,遺伝が液性物質の混合に基づくという,彼の誤った遺伝観から出ている。たとえばヒトの身長では子は常に両親の個性的偏差の約3分の2を遺伝し,3分の1の度合いで,ヒトの中央的性質に回帰するなど,子孫では,平均値からのずれが祖先よりも小さくなる,つまり中央的平均値へと退行 (回帰) するという説。現在は認められていない。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android