コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

送り梅雨(読み)オクリヅユ

百科事典マイペディアの解説

送り梅雨【おくりつゆ】

梅雨が明けるころの雨。強くたくさん降ることが多く,雷を伴うこともある。梅雨の末期には梅雨前線が陸地の上で活動するので大雨や集中豪雨が起こりやすい。
→関連項目走り梅雨

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

おくりづゆ【送り梅雨】

梅雨明けのときの雨。雷を伴い、時に豪雨になる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の送り梅雨の言及

【日本列島】より

…中休みのあとは,梅雨末期の集中豪雨の季節になることが多い。 送り梅雨梅雨の明けるころの大雨のことをいい,雷鳴を伴うことが多いが,雷が鳴っても必ずしも梅雨が明けたとは限らない。 梅雨明け梅雨が明けて安定した夏の晴天になること。…

※「送り梅雨」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

鑑定留置

被疑者・被告人が精神障害などで刑事責任能力を問えない可能性がある場合に、精神・心身の状態を鑑定するため、被疑者・被告人を病院などの施設に留置すること。捜査機関が裁判所に請求し、認められた場合に、期限を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android