コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

逆アセンブル

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

逆アセンブル

マシンコードを、可読性のあるアセンブリ言語に変換すること。デバッガーなどの中には、この逆アセンブル機能を持ち、デバッグ時に必要に応じてコードの逆アセンブルを行なえるようにしたものなどがある。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

IT用語がわかる辞典の解説

ぎゃくアセンブル【逆アセンブル】

機械語で記述されたオブジェクトコードを、逆アセンブラーを用いてアセンブリ言語で記述されたソースコードに変換すること。ソフトウェアの解析手段として用いられるが、著作権保護のために禁止している場合もある。⇔アセンブル ◇「ディスアセンブル」ともいう。

出典 講談社IT用語がわかる辞典について 情報

逆アセンブルの関連キーワードICE

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android