コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

逆取得 ぎゃくしゅとく

会計用語キーワード辞典の解説

逆取得

ある会社が純資産や営業の所有権などを他の会社に譲渡することによって、逆に他の会社を実質的に支配することになる企業結合のことをいいます。会社分割における「逆取得」の場合、営業等を承継する会社の株主は、企業結合により承継会社への支配を喪失し、所有する承継会社株式にかかる株主分割曽根気を認識することになります。

出典|(株)シクミカ:運営「会計用語キーワード辞典」会計用語キーワード辞典について | 情報

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

逆取得の関連情報