コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

逆取得 ぎゃくしゅとく

1件 の用語解説(逆取得の意味・用語解説を検索)

会計用語キーワード辞典の解説

逆取得

ある会社が純資産や営業の所有権などを他の会社に譲渡することによって、逆に他の会社を実質的に支配することになる企業結合のことをいいます。会社分割における「逆取得」の場合、営業等を承継する会社の株主は、企業結合により承継会社への支配を喪失し、所有する承継会社株式にかかる株主分割曽根気を認識することになります。

出典|(株)シクミカ:運営「会計用語キーワード辞典」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

逆取得の関連キーワード株主持分所有権第二会社興信録トンネル会社逆暖簾代甲区政治家の所得や資産公開制度一株当たり純資産株主の権利

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone