コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

逆子/逆児 サカゴ

デジタル大辞泉の解説

さか‐ご【逆子/逆児】

胎内で胎児の姿勢が、正常の場合とになっているもの。妊娠中は臀部(でんぶ)が下になっており、分娩の際臀部または脚部から先に出てくる。骨盤位。逆産

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

妊娠・子育て用語辞典の解説

さかご【逆子】

骨盤位」のページをご覧ください。

出典|母子衛生研究会「赤ちゃん&子育てインフォ」指導/妊娠編:中林正雄(愛育病院院長)、子育て編:多田裕(東邦大学医学部名誉教授) 妊娠・子育て用語辞典について | 情報

世界大百科事典内の逆子/逆児の言及

【骨盤位】より

…妊娠・分娩時における異常胎位の一つで,胎児の頭部よりも骨盤部が下にくる場合をいう(図)。俗に〈逆子(さかご)〉と呼ばれる。骨盤位は,妊娠第7月では30%にみられるが,しだいにその頻度は減少し,分娩時には3~4%になる。…

※「逆子/逆児」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

逆子/逆児の関連キーワード先天性股関節脱臼スメリー胎内産瘤倒産臀位

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android