コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

骨盤位 こつばんい

6件 の用語解説(骨盤位の意味・用語解説を検索)

妊娠・子育て用語辞典の解説

こつばんい【骨盤位】

いわゆる「逆子(さかご)」です。通常、赤ちゃんは頭から出てきますが、おしりから出てくる場合を「臀位(でんい)」、足から出てくる「足位(そくい)」、立ち膝のような姿勢でひざから出てくる「膝位(しつい)」などがあります。全体で5%くらいの赤ちゃんがこうした位置になるといわれています。最近では赤ちゃんの安全のため、帝王切開をすることが多くなりました。

出典|母子衛生研究会「赤ちゃん&子育てインフォ」指導/妊娠編:中林正雄(愛育病院院長)、子育て編:多田裕(東邦大学医学部名誉教授)
Copyright(c) 2010 Mothers' and Children's Health and Welfare Association. All Rights Reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

こつばん‐い〔‐ヰ〕【骨盤位】

胎児が下半身を下にした状態にあること。逆子(さかご)。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

こつばんい【骨盤位 breech presentation】

妊娠・分娩時における異常胎位の一つで,胎児の頭部よりも骨盤部が下にくる場合をいう(図)。俗に〈逆子(さかご)〉と呼ばれる。骨盤位は,妊娠第7月では30%にみられるが,しだいにその頻度は減少し,分娩時には3~4%になる。妊娠中期には羊水が比較的多く,胎児の移動が容易なために骨盤位にもなるが,末期には羊水が減少し,胎児の移動が制限されるので骨盤位の頻度も減少する。したがって早産には骨盤位が多い。その他の原因としては,多胎・奇形などの胎児の異常,子宮の奇形・腫瘍,羊水過多症,胎盤の子宮卵管角部付着,前置胎盤,狭骨盤,胎児の下肢伸展などが挙げられる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

こつばんい【骨盤位】

子宮内の胎児が頭を上に座った状態にある胎位。逆児さかご

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

骨盤位
こつばんい
pelvic presentation

胎位の一つ。胎児の臀部または足が母体の下方に向っている状態で,俗に逆児 (さかご) という。妊娠8ヵ月頃までは自然に正常の位置に戻ることもある。9ヵ月以降は,外部から回転させて正常位に戻すこともあるが,多少の危険を伴う。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

骨盤位
こつばんい
pelvic presentation

胎児と子宮の長軸が平行になっている縦位のうち、胎児の下向部が下半身であるものをいい、俗に「さかご」とよばれる。もっとも下降してきている先進部によって4種に分けられる。
〔1〕単臀位(でんい)(純臀位) 下肢を伸展したまま股関節(こかんせつ)を屈曲して、臀部のみが先進してくるもの。
〔2〕複臀位 あたかも「あぐら」をかいているような姿勢で、臀部と両足が同時に先進してくるもの。
〔3〕膝位(しつい) 股関節を伸展させ、膝関節を屈曲して膝部が先進してくるもので、両膝(ひざ)同時に先進してくる場合を全膝位、片膝のみ先進してくる場合を不全膝位という。
〔4〕足位 股関節も膝関節も伸展したまま足が先進してくるもので、両足同時に先進してくる場合を全足位、片足のみ先進してくる場合を不全足位という。
 骨盤位は胎児が小さいときにはかなり高率でみられるが、2500グラム以上の胎児に限ってみると、その頻度は全分娩(ぶんべん)例の4%前後である。誘因としては次の四つが考えられる。(1)未熟児、形態異常、双胎など胎児の異常、(2)双角子宮、中隔子宮、子宮筋腫(きんしゅ)の合併など子宮の異常、(3)胎児の可動性が大きくなる羊水過多、子宮や腹壁の弛緩(しかん)がある場合、(4)胎児の下降が制限されるような前置胎盤や狭骨盤のある場合。
 胎児の予後は一般に正常の頭位分娩に比べて不良であるが、その原因は早産で胎児の未熟性そのものが死因となることが多い。また、頭位分娩では最大の頭部が少しずつ変形しながらゆっくり骨産道内を下降する応形機能を発揮するが、骨盤位では頭部が数分で骨産道内を通過してしまうためこの応形機能が十分に発揮されず、頭蓋(とうがい)内損傷をきたしたり、娩出時の牽引(けんいん)によって頸髄(けいずい)損傷などの分娩損傷をきたすこともある。臍部(さいぶ)(へそ)まで躯幹(くかん)が娩出されてくると、臍帯(へその緒(お))が骨産道と下降してきた児頭の間で圧迫されることも、予後を悪くさせる一因となる。足位や膝位の場合は前期破水や早期破水をきたすと、臍帯が頸管や腟内に脱出して予後を悪くする。骨盤位のうちでは単臀位の場合が70~80%を占め、しかもこの予後がもっともよく、臍帯脱出の危険性も頭位分娩と変わらない。複臀位の場合も単臀位と予後はほとんど変わらない。
 妊娠中に骨盤位が判明した場合は、放置して自然に頭位になるのを待つか、30~32週ころから妊婦が自分で胸壁と膝をくっつけるような体位を10~15分間とったのち横向きで寝るとか、介助者の手で腹壁上から頭位に直す外回転術を行うか、いずれかの方法で頭位になるものは頭位分娩を行う。骨盤位分娩は、陣痛といきみで娩出させる自然分娩か、胎児の肩甲上肢と児頭を介助者が牽出する部分牽出術か、最初から介助者が牽出する全牽出術が行われるが、一般には部分牽出術が多い。頭部の娩出には後続児頭鉗子(かんし)が用いられることもある。初産婦で、足位など予後の悪い胎位の場合には、最初から帝王切開が行われることもある。[新井正夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

骨盤位の関連キーワード陣痛頸管裂傷産褥胎位異常コーン異常ショットキー異常異常胎位分娩時間分娩時出血量

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

骨盤位の関連情報