コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

通気量 つうきりょうquantity of airflow

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

通気量
つうきりょう
quantity of airflow

風量ともいう。坑内の入気あるいは排気について,一定時間に一定場所を通る空気の量。普通,1分間または1秒間の流量を立方メートルで表わす。通気量は,坑内で働く労働者数,可燃性ガスや有害ガスの発生量,坑内温度および湿度,坑内自然発火の可能性,通気速度などを基準として決定されるが,一般に坑内の末端まで流れて人の呼吸,爆発性および有害性ガスの希釈と排除または坑内の冷却に役立つ風量を有効風量と呼ぶ。それぞれに法規上の制限があり,たとえば甲種炭坑 (メタン発生の多い石炭坑) では労働者1人あたり 3m3/min以上と定められている。また,有効風量に達せず入気側から排気側に空気が漏れることを漏風といい,漏風量が多くなると通気動力の損失となるばかりか,炭鉱では漏風回路が自然発火するおそれがある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

通気量の関連キーワード基礎パッキン対偶式通気中央式通気ガス抜き坑内通気通気図通気戸

通気量の関連情報