コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

通気量 つうきりょう quantity of airflow

1件 の用語解説(通気量の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

通気量
つうきりょう
quantity of airflow

風量ともいう。坑内の入気あるいは排気について,一定時間に一定場所を通る空気の量。普通,1分間または1秒間の流量を立方メートルで表わす。通気量は,坑内で働く労働者数,可燃性ガスや有害ガスの発生量,坑内温度および湿度,坑内自然発火の可能性,通気速度などを基準として決定されるが,一般に坑内の末端まで流れて人の呼吸,爆発性および有害性ガスの希釈と排除または坑内の冷却に役立つ風量を有効風量と呼ぶ。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

通気量の関連キーワード勘文排気坑内排気坑坑内防水ダム入気坑利得最小必要量全変晶系列力の関係式(鉱山学)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

通気量の関連情報