コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

通貨戦争 ツウカセンソウ

デジタル大辞泉の解説

つうか‐せんそう〔ツウクワセンサウ〕【通貨戦争】

各国が自国の利益を確保するために、自国通貨を通貨安に誘導すること。輸出産業国際競争力を高めて、雇用の拡大や国内経済の活性化を図るのが目的。積極的な金融緩和を行って通貨の供給量を増やすことにより、自国通貨相場を下落させるといった手法がとられる。通貨安競争

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

パルムドール

カンヌ国際映画祭で、最優秀作品に与えられる賞。[補説]多く「金のシュロ」と訳されるが、日本原産のシュロ(ワジュロ)ではなく、ヤシ科のナツメヤシがモチーフとなっている。ナツメヤシは、西洋では勝利・栄誉の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android