通貨規制法(読み)つうかきせいほう(英語表記)Currency Act

世界大百科事典 第2版の解説

つうかきせいほう【通貨規制法 Currency Act】

北アメリカの植民地議会に対し紙幣発行の禁止と既発行紙幣の急速な回収を命じたイギリスの法律。1764年制定。これにより,本国商人は植民地貿易で下落した植民地発行紙幣の受取りを免れた。しかし,貴金属を産せず,対本国貿易で支払超過に苦しみ,しかも潜在的経済発展力をもっていた植民地にとっては,紙幣は交換手段であるのみならず,その発行は経済発展ならびに戦争や災害復興の資金調達手段であり,法定貨として納税や負債返済手段であった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ダイバーシティ

ダイバーシティとは、多様な人材を積極的に活用しようという考え方のこと。 もとは、社会的マイノリティの就業機会拡大を意図して使われることが多かったが、現在は性別や人種の違いに限らず、年齢、性格、学歴、価...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android