造化の三神(読み)ゾウカノサンジン

大辞林 第三版の解説

ぞうかのさんじん【造化の三神】

古事記神話で、国土・人間・万物を創造したという三柱の神。天御中主神あめのみなかぬしのかみ・高皇産霊神たかみむすひのかみ・神皇産霊神かみむすひのかみの三神。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ぞうか【造化】 の 三神(さんしん)

(「古事記‐序」にある「乾坤初分参神作造化之首」から) 神道思想上で、万物生成化育の根元神とする三神。天御中主神(あめのみなかぬしのかみ)・高皇産霊神(たかみむすびのかみ)・神皇産霊神(かみむすびのかみ)三神の総称。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

口永良部島

鹿児島県南部,大隅諸島,屋久島の北西約 12kmにある火山島。活火山で,常時観測火山。屋久島町に属する。霧島火山帯に属し,西に番屋ヶ峰(291m),東に最高点の古岳(657m)と新岳(626m)があり...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android