造化の三神(読み)ゾウカノサンジン

大辞林 第三版の解説

ぞうかのさんじん【造化の三神】

古事記神話で、国土・人間・万物を創造したという三柱の神。天御中主神あめのみなかぬしのかみ・高皇産霊神たかみむすひのかみ・神皇産霊神かみむすひのかみの三神。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

二重価格表示

小売業者が商品の実売価格とともに、市価、メーカーの希望小売価格、自店の旧価格など2つの価格を表示して実売価格の値引幅を強調し、買い手の購買意欲を刺激しようとするもの。実際の市価やメーカーの希望小売価格...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android