コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

高皇産霊神/高御産巣日神 タカミムスヒノカミ

デジタル大辞泉の解説

たかみむすひ‐の‐かみ【高皇産霊神/高御産巣日神】

日本神話で、天地開闢(かいびゃく)のとき、高天原(たかまがはら)に出現した神。天御中主神(あまのみなかぬしのかみ)神皇産霊神(かみむすひのかみ)とともに造化の三神の一。天照大神とともに、高天原の至上神。生成の霊力を持ち、太陽神としての性格ももつ。別名、高木神(たかぎのかみ)。たかみむすびのかみ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

高皇産霊神/高御産巣日神の関連キーワード天稚彦・天若日子安達太良神社神皇産霊神天御中主神出雲大社教天地開闢出雲大社廣田神社北辰権現別天つ神天孫降臨瓊瓊杵尊四柱神社少彦名神道臣命太玉命杵築宮思金神造化三神

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android