コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

天御中主神 アマノミナカヌシノカミ

3件 の用語解説(天御中主神の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

あまのみなかぬし‐の‐かみ【天御中主神】

日本神話で、天地開闢(かいびゃく)のとき、高天原(たかまがはら)に最初に出現した神。造化の三神の一。中国で天の中心にいるという元始天尊の思想からつくられたとされる。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

天御中主神【あめのみなかぬしのかみ】

日本神話の神の名。高御産巣日(たかみむすひ)神,神産巣日神とともに造化三神の一人。高天原(たかまがはら)に最初に現れた神で,日本の王権を基礎づける。中世,伊勢神道で尊崇され,宇宙の中心をなす神へ発展した。
→関連項目天津神神皇産霊尊別天神高皇産霊尊

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

あめのみなかぬしのかみ【天御中主神】

王権を基礎づける神話として《古事記》神話が編成された時,その冒頭に置かれて神々の世界を統括した宇宙最高神。中国では東方世界の主宰神として天皇大帝があった。この神は天の中心にあって不動の北極星を神格化した神である。アメノミナカヌシノカミはこの天皇大帝の観念の借用であり翻訳であった。この神は《古事記》神話のなかで,民間の太陽信仰を統括かつ祖神化した皇室の天照大神(あまてらすおおかみ)によって,尊厳を具体化され,神話の根幹は,天御中主神天照大神→天神御子→初代天皇という展開をたどって,王権神話を完成する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

天御中主神の関連キーワード英雄神話エンリル古事記伝自然神話日本神話比較神話学北欧神話神話学古訓古事記人文神話

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

天御中主神の関連情報