コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

天御中主神 アマノミナカヌシノカミ

百科事典マイペディアの解説

天御中主神【あめのみなかぬしのかみ】

日本神話の神の名。高御産巣日(たかみむすひ)神,神産巣日神とともに造化三神の一人。高天原(たかまがはら)に最初に現れた神で,日本の王権を基礎づける。中世,伊勢神道で尊崇され,宇宙の中心をなす神へ発展した。
→関連項目天津神神皇産霊尊別天神高皇産霊尊

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

あめのみなかぬしのかみ【天御中主神】

王権を基礎づける神話として《古事記》神話が編成された時,その冒頭に置かれて神々の世界を統括した宇宙最高神。中国では東方世界の主宰神として天皇大帝があった。この神は天の中心にあって不動の北極星を神格化した神である。アメノミナカヌシノカミはこの天皇大帝の観念の借用であり翻訳であった。この神は《古事記》神話のなかで,民間の太陽信仰を統括かつ祖神化した皇室の天照大神(あまてらすおおかみ)によって,尊厳を具体化され,神話の根幹は,天御中主神→天照大神→天神御子→初代天皇という展開をたどって,王権神話を完成する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

天御中主神の関連キーワード水天宮(福岡県)水天宮(東京都)渡辺重石丸神皇産霊神手刀を切る出雲大社教高皇産霊神松島明神北辰権現別天つ神天地開闢水天宮経始

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

天御中主神の関連情報