天御中主神(読み)アマノミナカヌシノカミ

百科事典マイペディアの解説

天御中主神【あめのみなかぬしのかみ】

日本神話の神の名。高御産巣日(たかみむすひ)神,神産巣日神とともに造化三神の一人。高天原(たかまがはら)に最初に現れた神で,日本の王権を基礎づける。中世,伊勢神道で尊崇され,宇宙の中心をなす神へ発展した。また妙見菩薩(ぼさつ)と習合して信仰された。
→関連項目天津神神皇産霊尊別天神高皇産霊尊

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

あめのみなかぬしのかみ【天御中主神】

王権を基礎づける神話として《古事記》神話が編成された時,その冒頭に置かれて神々の世界を統括した宇宙最高神。中国では東方世界の主宰神として天皇大帝があった。この神は天の中心にあって不動の北極星を神格化した神である。アメノミナカヌシノカミはこの天皇大帝の観念の借用であり翻訳であった。この神は《古事記》神話のなかで,民間の太陽信仰を統括かつ祖神化した皇室の天照大神(あまてらすおおかみ)によって,尊厳を具体化され,神話の根幹は,天御中主神→天照大神→天神御子→初代天皇という展開をたどって,王権神話を完成する。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

あまのみなかぬし‐の‐かみ【天御中主神】

記紀に見える神。高天原に最初に出現した造化三神中の一神。天の中心に位置する最高の始原神。中国の道家思想で北極星をいう「天皇大帝」の影響を受けて、天皇の権威象徴として観念的に作られた神と考えられる。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

出入国在留管理庁

政府が2019年4月に発足を予定している法務省の外局。18年12月の出入国管理法改正案成立に伴う外国人労働者の受け入れ拡大に対応するため、同省の内部部局である入国管理局を再編・格上げし、新設することが...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android