コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

神皇産霊神/神産巣日神 カミムスヒノカミ

デジタル大辞泉の解説

かみむすひ‐の‐かみ【神皇産霊神/神産巣日神】

後世「かみむすびのかみ」とも》日本神話で、天地開闢(かいびゃく)のとき、高天原(たかまがはら)に出現した神。天御中主神(あまのみなかぬしのかみ)高皇産霊神(たかみむすひのかみ)とともに造化の三神の一。生成の霊力をもつ神で、兄神たちに謀殺された大国主命(おおくにぬしのみこと)も、この神の力で蘇生したという。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

神皇産霊神/神産巣日神の関連キーワード安達太良神社出雲大社教高皇産霊神天御中主神大国主命北辰権現別天つ神天地開闢四柱神社高天原造化三神

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android