コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

造化の火 ぞうかのひpyr technikon

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

造化の火
ぞうかのひ
pyr technikon

ストア派の自然学における用語。ここでは神は創造的,内在的な根本物質としての一種のロゴス的な火気とみなされ,「造化の火」として定義される。神はそれ自身を材料としつつ,またロゴスとして火,空気,水,土の4元素をつくり,さらにそれを混合して万物を形成するとされる。 (→産出力 )

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android