コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

造化の火 ぞうかのひ pyr technikon

1件 の用語解説(造化の火の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

造化の火
ぞうかのひ
pyr technikon

ストア派の自然学における用語。ここでは神は創造的,内在的な根本物質としての一種のロゴス的な火気とみなされ,「造化の火」として定義される。神はそれ自身を材料としつつ,またロゴスとして火,空気,水,土の4元素をつくり,さらにそれを混合して万物を形成するとされる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

造化の火の関連キーワード教義自然学自然哲学ストア派ストア学派外在因メガストアここでねマンエイシーの式キルヒホッフの昇華熱の式

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone