火気(読み)かき

精選版 日本国語大辞典「火気」の解説

か‐き クヮ‥【火気】

〘名〙 から出る熱気や炎。火の勢い。現在では多く「火」と同義に用いる。
※太平記(14C後)一二「障子を立て廻し、火を内に籠められたれば」
※軽犯罪法(1948)一条「ガソリンその他引火し易い物の附近で火気を用いた者」 〔春秋繁露‐五行五事〕

ほ‐け【火気】

〘名〙
火の気。また、けむり。
※万葉(8C後)五・八九二「竈(かまど)には 火気(ほけ)吹きたてず 甑(こしき)には 蜘蛛の巣かきて」
② 熱気や湯気(ゆげ)。また、吐く息の白く見えるもの。
※日葡辞書(1603‐04)「Foqega(ホケガ) タツ」

かっ‐き クヮッ‥【火気】

〘名〙 「かき(火気)」の変化した語。
※坑夫(1908)〈夏目漱石〉「自分の魂が赤い炭の中へ抜出して、火気(クヮッキ)に煽られながら」

ひ‐の‐け【火気】

ほ‐の‐け【火気】

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「火気」の解説

ほ‐け【火気】

火の気。また、煙。
「かまどには―吹きたてず」〈・八九二〉
湯気ゆげ
「―たつ早晩いつもながらの雁の声/直治」〈西鶴大矢数・一〉

か‐き〔クワ‐〕【火気】

火のけ。また、火。「火気厳禁
火の勢い。「火気にたじろぐ」
[類語]火勢ほのおほむら火炎かえん光炎こうえん紅炎こうえん火柱ひばしら火先ほさき火の気種火火種口火発火点火着火火付き火加減火持ち残り火おき燠火おきび埋み火炭火火の粉火花火玉花火焚き火迎え火送り火野火

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

きらきらネーム

俗に、一般的・伝統的でない漢字の読み方や、人名には合わない単語を用いた、一風変わった名前のこと。名字についてはいわない。どきゅんネーム。[補説]名前に使用する漢字は、戸籍法により常用漢字・人名用漢字の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android