火気(読み)カキ

デジタル大辞泉の解説

か‐き〔クワ‐〕【火気】

火のけ。また、火。「火気厳禁」
火の勢い。「火気にたじろぐ」

ほ‐け【火気】

火の気。また、煙。
「かまどには―吹きたてず」〈・八九二〉
湯気(ゆげ)。
「―たつ早晩(いつも)ながらの雁の声/直治」〈西鶴大矢数・一〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

かき【火気】

火があること。火のけ。 「 -厳禁」
火の勢い。熱気。 「ここ迄-がきまする/浄瑠璃・重井筒

ほけ【火気】

火のけ。また、けむり。 「かまどには-吹き立てず/万葉集 892
湯気。 「 -ガタツ/日葡」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

か‐き クヮ‥【火気】

〘名〙 から出る熱や炎。火の勢い。現在では多く「火」と同義に用いる。
※太平記(14C後)一二「障子を立て廻し、火気を内に籠められたれば」
※軽犯罪法(1948)一条「ガソリンその他引火し易い物の附近で火気を用いた者」 〔春秋繁露‐五行五事〕

かっ‐き クヮッ‥【火気】

〘名〙 「かき(火気)」の変化した語。
※坑夫(1908)〈夏目漱石〉「自分の魂が赤い炭の中へ抜出して、火気(クヮッキ)に煽られながら」

ひ‐の‐け【火気】

ほ‐け【火気】

〘名〙
火の気。また、けむり
※万葉(8C後)五・八九二「竈(かまど)には 火気(ほけ)吹きたてず 甑(こしき)には 蜘蛛の巣かきて」
② 熱気や湯気(ゆげ)。また、吐く息の白く見えるもの。
※日葡辞書(1603‐04)「Foqega(ホケガ) タツ」

ほ‐の‐け【火気】

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

火気の関連情報