コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

火気 カキ

デジタル大辞泉の解説

か‐き〔クワ‐〕【火気】

火のけ。また、火。「火気厳禁」
火の勢い。「火気にたじろぐ」

ほ‐け【火気】

火の気。また、煙。
「かまどには―吹きたてず」〈・八九二〉
湯気(ゆげ)。
「―たつ早晩(いつも)ながらの雁の声/直治」〈西鶴大矢数・一〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

かき【火気】

火があること。火のけ。 「 -厳禁」
火の勢い。熱気。 「ここ迄-がきまする/浄瑠璃・重井筒

ほけ【火気】

火のけ。また、けむり。 「かまどには-吹き立てず/万葉集 892
湯気。 「 -ガタツ/日葡」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

火気の関連キーワードフィルム・コミッション吹き立てる・吹立てる同音語のアクセントonandGo!エチルエーテルベランダ喫煙空気タービンオジギソウコロジオン二硫化炭素造化の火鉱山保安軽犯罪法アセトン存じ付く圧縮空気防爆構造焼き立つ安全教育ガス爆発

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

火気の関連情報