コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

造山型花崗岩 ぞうざんがたかこうがんorogenic granitic rock

1件 の用語解説(造山型花崗岩の意味・用語解説を検索)

岩石学辞典の解説

造山型花崗岩

造山型花崗岩は島弧,大陸縁の下部,海盆,大陸の衝突部分などに産出し,累帯構造があり,小複合岩体,膨大な複合バソリスなどを作る.明瞭な貫入岩でミグマタイトなどが見られるマントルに由来したマグマで,ソレアイト質またはカルクアルカリ質で,トナル岩などができる.カルクアルカリ質の母岩漿と大陸地殻物質の同化作用ではトナル岩,花崗閃緑岩,花崗岩などが,カルクアルカリ質の母岩漿と大陸地殻物質のアナテキシスでは花崗閃緑岩や花崗岩が形成され,大陸地殻物質の大規模なアナテキシスでは優白質花崗岩や花崗岩が形成される.深成作用は一般に短いが,長期間続く.この型の花崗岩には太平洋型,コルディレラ型,カレドニア型,ヒマラヤ型などが含まれる[Middlemost : 1985].

出典|朝倉書店
岩石学辞典について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone