造山型花崗岩(読み)ぞうざんがたかこうがん(英語表記)orogenic granitic rock

岩石学辞典の解説

造山型花崗岩

造山型花崗岩は島弧,大陸縁の下部,海盆,大陸の衝突部分などに産出し,累帯構造があり,小複合岩体,膨大な複合バソリスなどを作る.明瞭な貫入岩ミグマタイトなどが見られる.マントルに由来したマグマで,ソレアイト質またはカルクアルカリ質で,トナル岩などができる.カルクアルカリ質の母岩漿と大陸地殻物質の同化作用ではトナル岩,花崗閃緑岩,花崗岩などが,カルクアルカリ質の母岩漿と大陸地殻物質のアナテキシスでは花崗閃緑岩や花崗岩が形成され,大陸地殻物質の大規模なアナテキシスでは優白質花崗岩や花崗岩が形成される.深成作用は一般に短いが,長期間続く.この型の花崗岩には太平洋型,コルディレラ型,カレドニア型,ヒマラヤ型などが含まれる[Middlemost : 1985].

出典 朝倉書店岩石学辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

スロースリップ

地球の表面を構成するプレートの境界面において、プレートがゆっくりと滑って移動する現象。この移動が一気に起きるとプレート境界地震になる。プレートどうしが強く固着した、アスペリティーと呼ばれる領域以外で生...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android