コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

造山型花崗岩 ぞうざんがたかこうがん orogenic granitic rock

1件 の用語解説(造山型花崗岩の意味・用語解説を検索)

岩石学辞典の解説

造山型花崗岩

造山型花崗岩は島弧,大陸縁の下部,海盆,大陸の衝突部分などに産出し,累帯構造があり,小複合岩体,膨大な複合バソリスなどを作る.明瞭な貫入岩でミグマタイトなどが見られるマントルに由来したマグマで,ソレアイト質またはカルクアルカリ質で,トナル岩などができる.カルクアルカリ質の母岩漿と大陸地殻物質の同化作用ではトナル岩,花崗閃緑岩,花崗岩などが,カルクアルカリ質の母岩漿と大陸地殻物質のアナテキシスでは花崗閃緑岩や花崗岩が形成され,大陸地殻物質の大規模なアナテキシスでは優白質花崗岩や花崗岩が形成される.深成作用は一般に短いが,長期間続く.この型の花崗岩には太平洋型,コルディレラ型,カレドニア型,ヒマラヤ型などが含まれる[Middlemost : 1985].

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

造山型花崗岩の関連キーワード海盆(かいぼん)運動時花崗岩後期キネマティック花崗岩アイ型花崗岩エイ型花崗岩太平洋型花崗岩非造山型花崗岩ヒマラヤ型花崗岩火山弧花崗岩衝突帯花崗岩

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone