コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

連村 れんそん

大辞林 第三版の解説

れんそん【連村】

街路の片側または両側に家屋が並ぶ細長い集落。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

連村
れんそん

道路に沿って断続的に並ぶ細長い集落で、列状村落の一種である。曲線を描く自然堤防上や、海岸を走る道路に沿う集落には、このような平面形態をとるものが多い。街村や路村に比べ密集度も低く、不規則である。また、道路への依存度が低く商業的機能も低い。[中田榮一]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

連村の関連キーワード那珂(市)関喜内勝連藤野両側家屋片側街路

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android