コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

路村(読み)ろそん

百科事典マイペディアの解説

路村【ろそん】

道路に沿って長く伸びた集落。ふつう家屋が両側に1列に並ぶ。商業集落的性格をもつ街村に比べ農村的で街路への依存度は低い。
→関連項目集村列村

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

路村
ろそん

道路に沿って、その両側または片側に民家が建ち並ぶ細長い列状村落をいう。街道への依存度が高く商業的機能の高い街村と異なり、規模も小さく、第一次産業の比率が高い。ポーランド南部のシュレージエン地方の林隙村(りんげきそん)や、武蔵野(むさしの)の新田集落、九十九里浜の納屋(なや)集落などその例は多い。[中田榮一]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

鑑定留置

被疑者・被告人が精神障害などで刑事責任能力を問えない可能性がある場合に、精神・心身の状態を鑑定するため、被疑者・被告人を病院などの施設に留置すること。捜査機関が裁判所に請求し、認められた場合に、期限を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

路村の関連情報