コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

路村 ろそん

2件 の用語解説(路村の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

路村【ろそん】

道路に沿って長く伸びた集落。ふつう家屋が両側に1列に並ぶ。商業集落的性格をもつ街村に比べ農村的で街路への依存度は低い。
→関連項目集村列村

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

路村
ろそん

道路に沿って、その両側または片側に民家が建ち並ぶ細長い列状村落をいう。街道への依存度が高く商業的機能の高い街村と異なり、規模も小さく、第一次産業の比率が高い。ポーランド南部のシュレージエン地方の林隙村(りんげきそん)や、武蔵野(むさしの)の新田集落、九十九里浜の納屋(なや)集落などその例は多い。[中田榮一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

路村の関連キーワード集村沿線沿道伸びらか脛脛の伸びた奴神経線(繊)維節状荷重痕すす葉枯病(シコクビエ)

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

路村の関連情報