連環(読み)れんかん

精選版 日本国語大辞典「連環」の解説

れん‐かん ‥クヮン【連環】

〘名〙 いくつものをつらねること。環をつらねたように結び合わせること。また、そのもの。くさり。また、知恵の輪
蒙求和歌(1204)五「秦始皇、の国をうちとらむと思ひて、まづきさきのこころをはからむために、連環をおくりたるを」 〔戦国策‐斉策・王建〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「連環」の解説

れん‐かん〔‐クワン〕【連環】

[名](スル)をつらねること。輪をつらねたようにつなぎ合わせること。また、そのもの。くさり。
「仮令海外―して来寇することありとも」〈吉岡徳明・開化本論〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

鳴き竜

天井と床などのように互いに平行に向き合った堅い面がある場所で拍手・足音などの衝撃性短音を発したとき、往復反射のためピチピチとかブルブルなど特殊な音色をもって聞こえることがある。この現象をフラッターエコ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android