コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

 むらじ

10件 の用語解説(連の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説


むらじ

古代の (かばね) の一つ。主として神別の氏族で,伴部を率いて朝廷に仕える氏族に与えられた。連姓の最有力者大伴,物部の両氏が大連として,大臣とともに大和朝廷の頂点に立った。天武朝八色の姓 (やくさのかばね) 制定のとき,連姓の大部分は朝臣 (あそん) ,宿禰 (すくね) を賜わり,連は第7位の姓となった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。


れん
stanza

スタンザ,節,またフランス詩ではストローフともいう。一定数 (普通4~12) の詩行が集って詩の一単位となるもの。押韻は必須ではないが,各連は同一の形式をもつことが原則とされる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

つら【連/列】

つらなること。行列。
「くれはどりあやにかしこく織るはたの越路の雁の―をなしける」〈夫木・一二〉
仲間。連れ。
「初雁は恋しき人の―なれや旅の空飛ぶ声のかなしき」〈・須磨〉

むらじ【連】

古代の姓(かばね)の一。大和朝廷から神別(しんべつ)の氏族の首長に与えられた。臣(おみ)と並ぶ最高の家柄。連姓のうち有力者は大臣(おおおみ)とともに大連と称して政権を担当した。
天武天皇が制定した八色(やくさ)の姓(かばね)の第七位。

れん【連】

[名]
連勝式」の略。
仲間。つれ。また、ひいき筋。
「広場へ出して押しあはしたら、駄菓子をくれる―もできめえ」〈人・梅児誉美・後〉
《reamの音訳。「嗹」とも書く》用紙を数える単位。1000枚を一連とする。
他の語の下に付いて、つれ、仲間、連中、の意を表す。やや軽侮の念を含んでいうことが多い。「奥様」「学生
植物分類学上の階級の一。→族(ぞく)3
[接尾](「聯」とも書く)助数詞。
ひとまとめにくくった物や、連ねた物を数えるのに用いる。「数珠一
鷹を数えるのに用いる。

れん【連】[漢字項目]

[音]レン(呉)(漢) [訓]つらなる つらねる つれる むらじ
学習漢字]4年
つながり続く。結びつなぐ。「連歌連繋(れんけい)連結連合連鎖連続連隊連帯連邦連盟連絡一連関連
引き続いて。続けざま。「連休連呼連載連日連打連敗連夜流連
引きつれる。「連行連立
つれ。仲間。「連中常連
「連合」「連盟」などの略。「国連労連経団連
[名のり]つぎ・つら・まさ・やす
[難読]連枷(からざお)注連(しめ)

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

連【むらじ】

日本古代の(かばね)の一つ。神話の神々の子孫と称し,古くから皇室に従い,大和朝廷で連姓の豪族は(おみ)姓の豪族に対抗する地位を占めた。天武朝の八色(やくさ)の姓で,連のうちの有力な物部(もののべ)・中臣(なかとみ)両氏は朝臣(あそん),大伴氏以下は宿禰(すくね)と改姓。
→関連項目土師氏

連【れん】

紙の商取引の単位の一つ。英語のreamの転。平判(ひらばん)の場合は規定の寸法に仕上げた紙1000枚(外国では普通500枚)分,巻取りの場合は規定の寸法の紙1000枚(外国では普通500枚)分を1連とする。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

むらじ【連】

古代日本の(かばね)の一つ。〈むらじ〉の語源は諸説あるが,ムラ(村)ジ(主)の意かといわれており,古くは尊称であったらしい。連の姓を帯びる氏族に中臣連,大伴連,物部連などがあるように,連は品部を統率した有力な伴造氏族の姓。なかでも大伴連,物部連の両氏は,6世紀初頭から大連として勢力を朝廷で振るい,684年(天武13)の八色の姓(やくさのかばね)の制定にともなって,連姓の諸氏族は第2位の朝臣(あそん)と第3位の宿禰(すくね)の姓を与えられている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

むらじ【連】

古代の姓かばねの一。大和政権を構成する豪族のうち、伴造とものみやつこ系の有力氏族に与えられた姓。大伴連・中臣連・物部連・忌部連など。684年の八色やくさの姓で第七位。連姓から第二、三位の朝臣あそみ・宿禰すくねを賜姓されたものも多い。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のの言及

【氏姓制度】より


[政治制度としての氏姓制度]
 このような制度は,原始共同体において,氏族や部族が社会の単位となった,いわゆる氏族制度とは異なる。もちろん,氏姓制度の基盤も,血縁集団としての同族にあったが,それが国家の政治制度として編成しなおされ,同族のなかの特定のものが,(おみ),(むらじ),伴造(とものみやつこ),国造(くにのみやつこ),それに百八十部(ももあまりやそのとも)などの地位をあたえられ,それに応ずる氏姓を賜ったところに特色がある。その成立時期は,おそらく5,6世紀をさかのぼらないであろう。…

【伴造】より

…その場合には上位と下位2段階の伴造がふくまれる。たとえば,宮廷の神事・祭祀をつかさどる忌部(いんべ)氏は,上位の伴造は忌部連(むらじ)といい,下位のそれは忌部首(おびと)という。彼らは全国におかれた忌部を名のる部民集団を統轄して,必要物資を貢納させるほか,ときには賦役も徴用し,朝廷の職務を遂行した。…

【八色の姓】より

…天武の新姓ともいう。《日本書紀》天武13年10月条に〈諸氏の族姓(かばね)を改めて,八色の姓を作りて,天下の万姓を混(まろか)す〉とあり,真人(まひと),朝臣(あそん∥あそみ),宿禰(すくね),忌寸(いみき),道師(みちのし),(おみ),(むらじ),稲置(いなぎ)の8種類があげられている。第1の真人は,主として継体天皇以降の天皇の近親で,従来,公()(きみ)の姓を称していたものに授けられた。…

※「連」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

連の関連キーワード勝馬投票券馬券舟券単式単勝式連勝連勝式連勝単式連勝複式キネラ

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone

連の関連情報