コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

連長圧縮 レンチョウアッシュク

デジタル大辞泉の解説

れんちょう‐あっしゅく〔レンチヤウ‐〕【連長圧縮】

コンピューターでファイルを圧縮する方式の一。データ中に繰り返し現れる符号を回数の数値に置き換えることで、データ全体の長さを縮める。たとえば文字列「XXXXXXYYYZZZZZ」に対しては「X6Y3Z5」が得られ、全体で14文字を6文字に圧縮することができる。実際には他の圧縮方法と組み合わせて用いられる。連長符号化ランレングス圧縮ランレングス符号化RLE(run length encoding)。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

連長圧縮の関連キーワードランレングス法

今日のキーワード

間が持てない

1 時間をもてあましてどうしたらよいかわからない。「待ち時間が長すぎて―◦ない」2 途切れがちの会話などを、うまくつなぐことができない。「無口な相手で―◦ない」[補説]文化庁が発表した平成22年度「国...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android