連音(読み)れんおん

精選版 日本国語大辞典「連音」の解説

れん‐おん【連音】

〘名〙
単音連結した一まとまり。
の先を上の歯ぐきに当て、呼気によって舌の先をふるわせて発する音。「r」の
③ (liaison訳語) 語のつづりにはあるが、ふつうは発音されない末尾子音が、母音を頭にもつ語に連続するとき、その母音と結合して発音されること。les 〔 le 〕 hommes 〔 ɔm 〕→ les hommes 〔 lezɔm 〕など。連声の一形式。リエゾン

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「連音」の解説

れん‐おん【連音】

単音の連結からなる音。
舌の先を上歯の裏の歯槽(しそう)に当てて舌の先を震わせて発する音。[r]の類。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

李下に冠を正さず

《スモモの木の下で冠をかぶりなおそうとして手を上げると、実を盗むのかと疑われるから、そこでは直すべきではないという意の、古楽府「君子行」から》人から疑いをかけられるような行いは避けるべきであるというこ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android