コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

単音 たんおん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

単音
たんおん

音声学の対象とする音声の最小単位。調音器官が一定の位置をとっているか,一定の運動を繰返している瞬間に生じる音,および気流の通路のより広い位置からその位置へ,またその位置からより広い位置へわたる際に生じる音をいう。持続部のある単音を「持続音」という。「蚊」 (=[ka]) の2つの単音[k][a]はその例。また,「矢」 (=[ja]) の[j]のように,常に動いていて持続部の認められない単音もあり,「わたり音」という。すなわち,前後の単音とは関係ない独立の運動をしている際に出る音も単音である。ただし,音声の単位といっても,音声そのものは連続体なのであり,それを単位に切ること自体,音素を背景にしていることになる。したがって,両者は相互に該当し合う関係としてとらえるべき性格をもっている。なお,単音は,具体的な1回1回の発話のレベルでも,また,「日本語の単音[k]は…」のように社会習慣的音声のレベルでも用いられることがある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

たんおん【単音 phone】

音声学的にみて言語音声を構成する最小の単位。[kami]〈紙〉は[k][a][m][i]という四つの単音に分解でき,それぞれが固有の調音的特徴をもつ。[k]では後舌が軟口蓋に接し,[a]では舌面が低く下がる。[m]では両唇が接合して軟口蓋が下がり空気は鼻へ抜ける。[i]では前舌の部分が硬口蓋へ向かって上がる。だが[katʃi]〈価値〉の[tʃ]であるが,舌端が歯茎後部に接し[t]の閉鎖を作り,これをゆるやかに開放すると硬口蓋歯茎摩擦音[ʃ]が生じる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

たんおん【単音】

音声学で扱う基本的な単位。連続的な音声を個々に区切られる諸部分に分解して得られる最小の単位。「汗あせ」は[a][s][e]の単音からなる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

単音の関連キーワードヴォルフ, エドゥアール:3つの無言歌/piano solo湯浅 譲二:オン・ザ・キーボード/piano soloシンセサイザー[synthesizer]ハーモニカ [harmonica]デーバナーガリー文字音声タイプライターフォアレターワードオンドマルトノギリシア文字シナイ文字レプチャ語ハーモニカハングル天名地鎮音標文字渡り・径音素文字表音文字音声認識比較級

今日のキーワード

書類送検

警察から検察官に対して事件を送致する場合 (送検) ,捜査に当たり逮捕した被疑者の身柄を引き続き拘束しておく必要があるときは書類,証拠物とともに身柄を送致するが,もともと逮捕しなかったり,一度逮捕した...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

単音の関連情報