コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

進化論モデル しんかろんモデルevolutionary model

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

進化論モデル
しんかろんモデル
evolutionary model

企業の成長メカニズムやプロセスを説明するためのモデルの一つ。トップ経営者が創造した戦略構想や戦略的な決定に従って企業が成長する,と考える戦略主導モデルと対立するモデル。進化論モデルでは,企業の成長は,試行錯誤を含む学習プロセスとしてとらえられる。環境の変化に対応して企業内部で生じるさまざまな新しいアイデアが企業内部の相互作用を通じて選択,淘汰されることによって企業の成長や変化が生じると主張される。戦略主導モデルでは,トップが重要な役割を演じると考えるのに対し,進化論モデルではミドルがかぎになると考える。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android