コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

逸見氏 へみうじ

世界大百科事典 第2版の解説

へみうじ【逸見氏】

中世甲斐の豪族。〈へんみうじ〉ともいう。甲斐源氏義清の長子清光(1110‐68)が逸見の若神子(わかみこ)(現,山梨県須玉町)に住んで逸見冠者と称し,長男光長が逸見を姓としたことにはじまる。光長は源平争乱に源頼朝に従い,逸見氏は幕府御家人となった。その後も逸見氏は甲斐に勢力を張り同族の武田氏と争った。1416年(応永23)有直のとき,上杉禅秀の乱武田信満が敗死すると,足利持氏にくみして甲斐守護になろうとした。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内の逸見氏の言及

【逸見氏】より

…甲斐源氏義清の長子清光(1110‐68)が逸見の若神子(わかみこ)(現,山梨県須玉町)に住んで逸見冠者と称し,長男光長が逸見を姓としたことにはじまる。光長は源平争乱に源頼朝に従い,逸見氏は幕府御家人となった。その後も逸見氏は甲斐に勢力を張り同族の武田氏と争った。…

※「逸見氏」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

逸見氏の関連情報