コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

上杉禅秀 ウエスギゼンシュウ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

上杉禅秀 うえすぎ-ぜんしゅう

?-1417 室町時代の武将。
上杉朝宗の子。犬懸(いぬかけ)上杉家をつぎ,上総(かずさ)(千葉県)・武蔵(むさし)の守護,応永18年関東管領となる。鎌倉公方(くぼう)足利持氏や山内(やまのうち)上杉憲基と対立し,22年管領を辞職。翌年持氏の叔父満隆,千葉氏,岩松氏らの関東の武将と挙兵。幕府に支持された持氏に敗れて,応永24年1月10日鎌倉で自殺した。名は氏憲(うじのり)。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

うえすぎぜんしゅう【上杉禅秀】

上杉氏憲うじのりの法号。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

上杉禅秀
うえすぎぜんしゅう

上杉氏憲」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典内の上杉禅秀の言及

【上杉氏憲】より

…しかし,幕府が氏憲の動きに危惧をいだき駿河に逃れた持氏を援助したため,形勢は逆転し,各地での戦いに敗れて,鎌倉雪ノ下で自害してはてた。上杉禅秀の乱【佐藤 博信】。…

【上杉禅秀の乱】より

…1416年(応永23)10月より翌年1月まで,上杉氏憲(禅秀)が鎌倉公方足利持氏に反して起こした室町時代前期の内乱。1416年10月前管領上杉氏憲は持氏の叔父満隆を奉じて持氏邸を夜襲した。持氏は管領上杉憲基邸に逃れ,氏憲の来攻によりさらに小田原を経て駿河に逃れた。氏憲に与同した諸氏は氏憲一門,氏憲と姻戚関係を結んでいた千葉兼胤,岩松満純,武田信満らの東国の伝統的豪族層,鎌倉府に不満を持つ足利満直,山入与義,小田持家らの有力領主層,関東から奥羽にかけての中小国人層などであった。…

【下野国】より


[室町時代]
 義政の乱後,15世紀の関東はつぎつぎに大事件が勃発する。1416年(応永23)前関東管領上杉禅秀が,鎌倉公方足利持氏,関東管領山内上杉憲基に対して反乱を起こし,翌年禅秀側が破れて鎌倉雪ノ下で自害した。禅秀方には,那須資之,宇都宮左衛門佐,薬師寺,佐野左馬助,小山等の諸将,持氏方には宇都宮持綱,長沼義秀らがいた。…

※「上杉禅秀」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

上杉禅秀の関連キーワード藤沢敵御方供養塔小笠原政康京都扶持衆天目山の戦足利治乱記木戸満範足利満直足利満貞武田信重横瀬貞氏岩松満純清浄光寺永享の乱上杉憲秋上杉禅秀上杉朝宗室町時代岩松持国岩松家純上杉憲実

今日のキーワード

熱にうなされる(間違いやすいことば)

○熱に浮かされる 高熱でうわ言をいう意味の表現は、「熱に浮かされる」が正しい。また、物事の判断がつかなくなるほど熱中することも意味する。音が似ていることから混用され、「浮かされる」が「うなされる」に入...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android