コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

逸見直造 へんみ なおぞう

2件 の用語解説(逸見直造の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

逸見直造 へんみ-なおぞう

1877-1923 明治-大正時代の市民運動家,社会主義者。
明治10年3月1日生まれ。30年渡米し,レストランなどではたらき,社会主義思想にふれる。40年帰国。大正4年労働者無料法律相談所(のちの借家人同盟)を開設,産児制限運動にも参加した。大正12年10月23日死去。47歳。岡山県出身。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

逸見直造

没年:大正12.10.23(1923)
生年:明治10.3.1(1877)
明治大正期の市民運動家,初期社会主義者岡山県都窪郡早島村(早島町)の農家(地主)に生まれた。職人の修業などののち,明治30(1897)年に渡米。出入国を繰り返しつつ家事,レストランなどの労働や経営に従事,また社会主義運動にも触れた。40年帰国。低家賃の借家事業やアヒルの養殖に取組むが,失敗。大正に入ると,岩出金次郎,武田伝次郎ら大阪の社会主義者と交流,大杉栄らの『近代思想』『平民新聞』にも協力した。大正4(1915)年武田と労働者無料法律相談所(のち借家人同盟に発展)を開き,自身も市民運動に参加した。この間産児制限運動にも協力。11年の総連合運動(日本労働組合連合)創立大会には,統一の実現に尽力するが,失敗に終わった。関東大震災の余波で検束され,釈放後に心臓病で急逝。<参考文献>逸見吉三『墓標なきアナキスト像』

(小松隆二)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

逸見直造の関連キーワード社会主義者鎮圧法社会主義神髄ジョレス主義者新紀元近藤憲二高津多代子西川正雄根岸正吉渡辺政太郎

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone