コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

遊離型天然ガス鉱床 ゆうりがたてんねんガスこうしょうsegregated natural gas deposit

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

遊離型天然ガス鉱床
ゆうりがたてんねんガスこうしょう
segregated natural gas deposit

天然ガス鉱床の一種。開発以前にガスが遊離して存在するものを常態とする鉱床。水溶型,油溶型に対する分類。天然ガス鉱量計算に適した分類であるが,3者を完全に分けることができない場合も多い。遊離型天然ガスは独立した構造の中にたくわえられているので構造性ガスと呼ばれる場合もある。石油中に溶解していたガスが分離し,油層の上部にガスキャップとなって存在するガスも遊離型天然ガス鉱床の一種とされている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android