遊離型天然ガス鉱床(読み)ゆうりがたてんねんガスこうしょう(英語表記)segregated natural gas deposit

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

天然ガス鉱床の一種。開発以前にガスが遊離して存在するものを常態とする鉱床。水溶型,油溶型に対する分類。天然ガス鉱量計算に適した分類であるが,3者を完全に分けることができない場合も多い。遊離型天然ガスは独立した構造の中にたくわえられているので構造性ガスと呼ばれる場合もある。石油中に溶解していたガスが分離し,油層の上部にガスキャップとなって存在するガスも遊離型天然ガス鉱床の一種とされている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

市中感染

病院内で体内に摂取された微生物によって引き起こされる感染症である「院内感染」と対をなす言葉で、病院外で摂取された微生物によって発症した感染症を指す用語。社会生活をしている健康人に起こる感染症で、多くは...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android