コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

運休 ウンキュウ

デジタル大辞泉の解説

うん‐きゅう〔‐キウ〕【運休】

[名](スル)《「運転休止」「運行休止」「運航休止」の略》交通機関が運転や運行を休止すること。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

うんきゅう【運休】

( 名 ) スル
〔「運転休止」 「運航休止」の略〕
定期的に動く交通機関が運転・運航をとりやめること。 「大雪のため列車が-する」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

運休の関連キーワード丘・久・九・仇・休・厩・及・吸・嗅・宮・弓・急・救・旧・朽・柩・毬・求・汲・泣・灸・球・究・穹・窮・笈・糺・糾・級・給・臼・舊・躬・鳩大規模地震対策特別措置法(大震法)パン・アメリカン航空[会社]昨年2月の豪雪による交通マヒ留萌線の留萌―増毛間の廃止大韓航空の青森―ソウル線鬼怒川決壊(2015)東日本大震災の鉄道被害大学入試センター試験松田町のふるさと鉄道高千穂鉄道高千穂線黒部峡谷鉄道本線フルカ・トンネルタイムライン防災北海道南西沖地震新潟県中越地震183系の運休国鉄新潟闘争六甲ケーブルプンタレナス

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

運休の関連情報