コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

運積土壌 うんせきどじょう transported soil

1件 の用語解説(運積土壌の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

うんせきどじょう【運積土壌 transported soil】

何らかの営力で運ばれてきた,固結していない柔らかい堆積物から発達した土壌。河成・海成・湖成堆積物に由来する沖積地の土壌および洪積台地上の土壌はこれに入る。火山灰から発達した黒ボク土も日本では重要な運積土壌の一種である。日本にはないが,風成のレスに由来する土壌は北半球温帯以北の大陸における運積土壌の代表的なものである。乾燥地や海岸の砂丘土壌もこれに含まれる。【三土 正則】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

運積土壌の関連キーワードブルカノ式噴火営力漂石風成岩浸食アロリス熔岩滴丘熔岩隧道凝灰岩質砂岩心原性脳塞栓

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone