コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

営力 エイリョク

3件 の用語解説(営力の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

えい‐りょく【営力】

地質学的現象を起こす自然の力。風化・浸食・堆積(たいせき)作用などの外的営力と、火成作用変成作用・地震などの内的営力とがある。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

営力
えいりょく

地球の表面に作用して、それを変位、変形させて地形をつくる力。営力には地球の内部から作用する内的営力と、外部から作用して地形を変化させる外的営力とがある。この二つの営力が地球の表面に同時に作用し、その力の均衡状態によって、さまざまな地形をつくる。
 内的営力には、火山活動、地震、地殻変動があり、地殻変動はさらに造山運動、造陸運動に分けられる。内的営力によって新たに火山が出現したり、地震によって断層や急激な隆起、陥没、山崩れが生じたりして、地形に著しい変化を与える。また、造山運動によって断層、褶曲(しゅうきょく)などが生じて山地を形成し、造陸運動によって広い範囲にわたり徐々に隆起、沈降が行われ、大陸的規模で地形に変化を与える。
 外的営力には、気温の変化、結氷融解のほか、雨、風、氷河、河川、地下水、海水、生物などの作用があり、その営力の源は地球の重力と太陽の放射エネルギーである。気温の変化や結氷融解によって岩石が風化して土壌を形成し、雨、風、河川、氷河、海水などによって岩石や土壌が侵食、運搬され、低所には物質を堆積(たいせき)して、地形に著しい変化を与える。また、生物も岩石の割れ目に生育して岩石を割り、あるいは根の分泌物で化学的風化を促進する。
 内的営力によってつくられた地形、たとえば新たな火山の出現や、海底が地殻運動によって隆起して陸地となった直後から、外的営力にさらされて地形が変化し、両者の営力のバランスによって各種の地形が形成される。現在の地形が、どのような営力とその強さによってつくられたものであるかなどを研究することは、地形学のうえからも重要な課題である。近年、とくに地形形成に関与した営力を定量的に計測して、量的に表現しようとする定量的地形学が著しく進歩してきている。[市川正巳]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

営力の関連情報