コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

営力 エイリョク

3件 の用語解説(営力の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

えい‐りょく【営力】

地質学的現象を起こす自然の力。風化・浸食・堆積(たいせき)作用などの外的営力と、火成作用変成作用・地震などの内的営力とがある。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

えいりょく【営力】

地表面の変動を引き起こす自然力。水・風の動きなど太陽エネルギーによる、あるいは生物などの働きによる外的営力と、火山活動・地殻運動など地球内部のエネルギーによる内的営力とがある。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

営力
えいりょく

地球の表面に作用して、それを変位、変形させて地形をつくる力。営力には地球の内部から作用する内的営力と、外部から作用して地形を変化させる外的営力とがある。この二つの営力が地球の表面に同時に作用し、その力の均衡状態によって、さまざまな地形をつくる。
 内的営力には、火山活動、地震、地殻変動があり、地殻変動はさらに造山運動、造陸運動に分けられる。内的営力によって新たに火山が出現したり、地震によって断層や急激な隆起、陥没、山崩れが生じたりして、地形に著しい変化を与える。また、造山運動によって断層、褶曲(しゅうきょく)などが生じて山地を形成し、造陸運動によって広い範囲にわたり徐々に隆起、沈降が行われ、大陸的規模で地形に変化を与える。
 外的営力には、気温の変化、結氷融解のほか、雨、風、氷河、河川、地下水、海水、生物などの作用があり、その営力の源は地球の重力と太陽の放射エネルギーである。気温の変化や結氷融解によって岩石が風化して土壌を形成し、雨、風、河川、氷河、海水などによって岩石や土壌が侵食、運搬され、低所には物質を堆積(たいせき)して、地形に著しい変化を与える。また、生物も岩石の割れ目に生育して岩石を割り、あるいは根の分泌物で化学的風化を促進する。
 内的営力によってつくられた地形、たとえば新たな火山の出現や、海底が地殻運動によって隆起して陸地となった直後から、外的営力にさらされて地形が変化し、両者の営力のバランスによって各種の地形が形成される。現在の地形が、どのような営力とその強さによってつくられたものであるかなどを研究することは、地形学のうえからも重要な課題である。近年、とくに地形形成に関与した営力を定量的に計測して、量的に表現しようとする定量的地形学が著しく進歩してきている。[市川正巳]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

営力の関連キーワード御竈を起こす面を起こす事を起こす自然現象人工寝た子を起こす身を起こす虫を起こす目を起こすケスター効果

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

営力の関連情報