過戸(読み)こしべ

精選版 日本国語大辞典「過戸」の解説

こし‐べ【過戸】

書紀(720)安閑元年閏一二月(寛文版訓)「并て安芸の国の過戸(コシヘ)の廬城部(さしへ)屯倉を献りて女(むすめ)の罪を贖(あか)ふ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

プラスチックワード

意味のあいまいなままに、いかにも新しい内容を伝えているかのように思わせる言葉。プラスチックのように自由に組み合わせ、さまざまな分野で手軽に使える語をさす。ドイツの言語学者ベルクゼンが提唱。「国際化」「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android