コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

道具屋吉左衛門 どうぐや きちざえもん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

道具屋吉左衛門 どうぐや-きちざえもん

?-? 江戸時代前期の浄瑠璃(じょうるり)太夫。
貞享(じょうきょう)(1684-88)のころ大坂で活躍した人で,もと道具商だったという。井上播磨掾(はりまのじょう)の浄瑠璃をよくかたり,その門下ともいわれる。道具屋節とよばれる語り口は今日の義太夫節のなかにもわずかにのこっている。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

道具屋吉左衛門

生年:生没年不詳
江戸前期,上方古浄瑠璃の太夫。井上播磨掾 の門弟らしい。その語り口は道具屋節として知られ,今も義太夫節のなかにわずかにのこり,コミカルな曲風をうかがわせる。

(竹内道敬)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

道具屋吉左衛門の関連キーワード生年貞享

今日のキーワード

フィンテック

IT(情報技術)を駆使した金融サービスの創出のこと。「金融(Financial)」と「技術(Technology)」を組み合わせた米国発の造語で、2008年のリーマンショック以降発展したとされている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android