コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

道後湯之町 どうごゆのまち

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

道後湯之町
どうごゆのまち

愛媛県中部,松山市にある温泉街。旧町名。 1944年松山市に編入。道後温泉木造3階建ての道後温泉本館を中心に旅館,みやげ物店が多く,典型的な温泉街を形成。本館は現在,重要文化財に指定されており,楼上から朝夕6時に太鼓を鳴らす古い伝統を保持している。夏目漱石の小説『坊つちやん』の舞台。道後公園,県立の動物園などの観光施設がある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

VR蓮舫

民進党・蓮舫代表による国会審議での追及をVR(仮想現実)空間で体験できるゲーム。専用のゴーグルを装着すると映像が流れ、国会の場に立つ総理大臣として蓮舫代表に追及される疑似体験が楽しめる。体験者は器具で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

道後湯之町の関連情報