コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

道後湯之町 どうごゆのまち

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

道後湯之町
どうごゆのまち

愛媛県中部,松山市にある温泉街。旧町名。 1944年松山市に編入道後温泉は木造3階建ての道後温泉本館を中心に旅館,みやげ物店が多く,典型的な温泉街を形成。本館は現在,重要文化財に指定されており,楼上から朝夕6時に太鼓を鳴らす古い伝統を保持している。夏目漱石の小説『坊つちやん』の舞台。道後公園,県立の動物園などの観光施設がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

道後湯之町の関連キーワード伊佐庭如矢岩崎一高宝厳寺

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

道後湯之町の関連情報