コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

道徳と立法の原理序説 どうとくとりっぽうのげんりじょせつAn Introduction to the Principles of Morals and Legislation

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

道徳と立法の原理序説
どうとくとりっぽうのげんりじょせつ
An Introduction to the Principles of Morals and Legislation

イギリスの功利主義哲学者 J.ベンサムの著書。 1789年刊。全 17章より成り,全章を通じて快楽と苦痛を個人的レベルから社会的レベルまで,さまざまな角度から論究し,功利主義の倫理説「最大多数の最大幸福」の原則を確立。為政者はこの原理に従って国を治め,立法すべきであると論じた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

道徳と立法の原理序説の関連キーワードイギリス

今日のキーワード

スタットキャスト

大リーグの全30球場に高精度カメラやレーダーを設置し、ボールや選手の動きを細かく分析。走攻守全てで、これまで分からなかったデータを解析し、試合やチーム作りに生かせる。例えば投手では、投げる球種の回転数...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android