コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

道徳と立法の原理序説 どうとくとりっぽうのげんりじょせつ An Introduction to the Principles of Morals and Legislation

1件 の用語解説(道徳と立法の原理序説の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

道徳と立法の原理序説
どうとくとりっぽうのげんりじょせつ
An Introduction to the Principles of Morals and Legislation

イギリスの功利主義哲学者 J.ベンサムの著書。 1789年刊。全 17章より成り,全章を通じて快楽と苦痛を個人的レベルから社会的レベルまで,さまざまな角度から論究し,功利主義の倫理説「最大多数の最大幸福」の原則を確立。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

道徳と立法の原理序説の関連キーワードオースティンケアード功利主義最大多数の最大幸福プレースベンサムパノプティコン実利主義自由民権論ハンサムの日

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone