コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

最大多数の最大幸福 さいだいたすうのさいだいこうふくthe greatest happiness of the greatest number

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

最大多数の最大幸福
さいだいたすうのさいだいこうふく
the greatest happiness of the greatest number

J.ベンサム以降の 19世紀のイギリス功利主義の倫理説で,道徳の目標とされた標語。すでにこのような倫理説は,J.ロック以降,啓蒙哲学者 F.ハチソンや J.プリーストリーによっても唱えられたが,ベンサムがその著『道徳および立法の諸原理序説』 An Introduction to the Principles of Morals and Legislation (1789) で理論化した。この書で,個人の生活の目標は幸福であり,したがって個人の機械的総和である社会における幸福とは最大多数がそれを享受しうることとした。 J.S.ミルは,ベンサムの快楽説を認めながらも,彼が快楽の質的相違を無視していることを批判し,人はときにより低い快楽を選ぶこともあると考えた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

最大(さいだい)多数の最大幸福

ベンサムの用語。できるだけ多くの人々に最大の幸福をもたらすことが善であるとする説。→功利主義

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

最大多数の最大幸福【さいだいたすうのさいだいこうふく】

功利主義

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

さいだいたすうのさいだいこうふく【最大多数の最大幸福】

ベンサムによるイギリス功利主義の理念。幸福とは個人的快楽であり、社会は個人の総和であるから、最大多数の個人がもちうる最大の快楽こそ、人間が目指すべき善であるとする。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

最大多数の最大幸福
さいだいたすうのさいだいこうふく
the greatest happiness of the greatest numbers

ベンサムのことばとして有名。もともとはハチソン、ベッカリーア、プリーストリーらによって用いられたもの。ベンサムは、その「功利utilityの原理」や「功利主義」utilitarianismをもっと人々にわかりやすく説明するために、主著『道徳および立法の原理序説』(1789)の第2版(1823)の欄外注において、「功利の原理を最大幸福あるいは最大多数の最大幸福に置き換える」と述べており、以後、今日ではこのことばはベンサムの造語とさえ考えられるようになった。ベンサムは、プリーストリーの『政府論』(1769)のなかでこの語句をみいだし、のちに転用するようになったものと思われる。
 ベンサムの「功利の原理」は、すでに『政治断片論』(1776)において展開されている。ここで彼は、まず、ブラックストンに代表されるような時代・場所・人を異にする裁判所の判決例である「コモン・ロー」(普通法)重視の考え方に対して、合理的な原理に基づく普遍的・統一的な法律による統治を主張している。次に彼は、国家や政府は人々の同意や契約に基づくから、悪政には抵抗し革命を起こしてもよいという社会契約説や近代自然法に対して、政治の良否は、普遍的な法律に従って統治しているかどうかによって普通の人々でも判断できるようにすべきである、と述べている。そして、そのような法律を制定する基準が「功利の原理」であると主張する。そこで彼は、続く『道徳および立法の原理序説』の前半部分において、人間にとって何が快であり何が苦であるかを哲学的手法によって詳細に論じている。このため、彼の最大幸福原理は主として倫理学の研究対象とみなされがちだが、主著の後半部分が刑法改正論でもあるように、この原理はベンサムの政治論の哲学的前提であると考えるべきであろう。なぜなら、よい法律をつくるためにはよい議会にする必要があり、よい議会とはなるべく多数の人々の政治参加が望ましいということになるから、この最大幸福原理は、当時の最重要な政治的課題であった選挙権の拡大闘争に理論的根拠を提供するものとなった。このため、ベンサムの思想は、中産階級やチャーティスト運動に結集した労働者階級にまで支持を受けた。また最大幸福原理は、ベンサムの後継者J・S・ミルにより『自由論』(1859)、『代議制統治論』(1861)として発展させられた。[田中 浩]
『田中浩著『国家と個人』(1990・岩波書店)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の最大多数の最大幸福の言及

【快楽主義】より

…ここには浅薄ではあるが,大多数の人間を支配している快楽原則を見抜いた冷徹な世知がある。功利主義の提唱者ベンサムやJ.S.ミルは〈最大多数の最大幸福the greatest happiness of the greatest number〉を標語として掲げ,幸福とは人間の求める善であり,それは快楽を求め,苦痛を避ける合理的行動によって達成しうると考える。個人の合理的利己的行動こそ政治の干渉さえ受けなければ,かえって社会の自然の調和を生み,最大善・最大幸福に寄与しうるという。…

【功利主義】より

…主として19世紀のイギリスで有力となった倫理学説,政治論であり,狭義にはJ.ベンサムの影響下にある一派の思想をさす。ベンサムは《政府論断片》(1776)のなかで,〈正邪の判断の基準は最大多数の最大幸福である〉という考えを示した。彼はこれを立法の原理とすることによって,従来の政治が曖昧な基礎にもとづく立法に依拠していたのをただそうとしたのである。…

※「最大多数の最大幸福」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

最大多数の最大幸福の関連キーワード社会(society)道徳と立法の原理序説イギリス哲学自由民権運動社会契約説経済哲学民主主義経済倫理快楽計算快楽主義倫理学多数決行為

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

最大多数の最大幸福の関連情報