道連れ(読み)ミチヅレ

デジタル大辞泉「道連れ」の解説

みち‐づれ【道連れ】

連れ立って行くこと。同行。また、その人。同行者。「よい道連れができる」「旅は道連れ世は情け
一緒に行動させること。同じ道をとらせること。「子を道連れ心中する」
[類語]連れ一行同伴者同勢同行共共共に一緒に諸共もろとも

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

戻り梅雨

梅雨が明けたあとに、再び梅雨のような状態に戻ること。返り梅雨。《季 夏》[類語]梅雨・梅雨ばいう・五月雨・空梅雨・菜種梅雨・走り梅雨・返り梅雨...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android