連れ(読み)ツレ

デジタル大辞泉の解説

つれ【連れ】

一緒に伴って行くこと。一緒に行動すること。また、その人。同伴者。「大阪まで車中の連れができる」「連れがあるので失礼します」「お連れさま」
(ふつう「ツレ」と書く)の役柄で、シテまたはワキに従属し、その演技を助ける者。シテ方に属するシテヅレツレ)とワキ方に属するワキヅレとがある。
東宮坊帯刀(たちはき)の一。脇の次に位する。
多く「その」「あの」「この」などの下に付いて、種類、程度、また、そのようなもの、などの意を表す。
「その―な事言うたらばこの宿には置くまいぞ」〈虎明狂・老武者〉
(接頭語的に用いて)一緒に物事をする意を表す。「連れ三味線」
[補説]1は、仲間、友人、また、伴侶、配偶者の意でも用いる。

づれ【連れ】

[接尾]《動詞「つ(連)れる」の連用形から》人を表す名詞に付く。
その人を連れていること、または、それらの人々が連れ立っていることの意を表す。「子供連れ」「親子連れ」「二人連れ
…ども、…連中などの意を表す。ややさげすんだり、軽んじののしったりする気持ちで用いられる。「役人連れに何がわかるものか」「足軽連れが何をぬかす」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

つれ【連れ】

〔動詞「連れる」の連用形から〕
いっしょに行くこと。いっしょに行動をすること。また、その人。仲間。同伴者。 「船中で-になる」 「お-の方」
(普通「ツレ」と書く)能で、シテまたはワキに連れ添い、あるいはその補助的な役割をつとめる役柄。シテツレとワキツレがある。
関係。因縁。 「人皆の思ひやすみて-もなくありし間に/万葉集 928」 → つれもなし
種類。程度。たぐい。 「勝にのつてその-な事をいふ/狂言・岡太夫」
春宮坊とうぐうぼうの帯刀たちはきの一。脇の次。
(接頭語的に用いて)一緒に物事をする意を表す。 「 -平家」 「 -三味線」 → づれ

づれ【連れ】

( 接尾 )
〔動詞「連れる」の連用形から〕
名詞に付く。
それを連れていること、また、それらの人々が連れ立っていることを表す。 「子供-」 「二人-」 「親子-」
そこをいっしょに行くこと、また、その人を表す。 「道-」
それを軽んじののしる気持ちを表す。風情ふぜい。 「足軽-」 「秀頼公が家康-の下風に立つなど許せぬ」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

ゲーム障害

オンラインゲームなどへの過度な依存により日常生活に支障をきたす疾病。インターネットやスマートフォンの普及でオンラインゲームなどに過度に依存する問題が世界各地で指摘されていることを受け、世界保健機関(W...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

連れの関連情報