コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

連れ ツレ

4件 の用語解説(連れの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

つれ【連れ】

一緒に伴って行くこと。一緒に行動すること。また、その人。同伴者。「大阪まで車中の連れができる」「連れがあるので失礼します」「お連れさま」
(ふつう「ツレ」と書く)の役柄で、シテまたはワキに従属し、その演技を助ける者。シテ方に属するシテヅレ(ツレ)とワキ方に属するワキヅレとがある。
東宮坊帯刀(たちはき)の一。脇の次に位する。
多く「その」「あの」「この」などの下に付いて、種類、程度、また、そのようなもの、などの意を表す。
「その―な事言うたらばこの宿には置くまいぞ」〈虎明狂・老武者〉
(接頭語的に用いて)一緒に物事をする意を表す。「連れ三味線」
[補説]1は、仲間、友人、また、伴侶、配偶者の意でも用いる。

づれ【連れ】

[接尾]《動詞「つ(連)れる」の連用形から》人を表す名詞に付く。
その人を連れていること、または、それらの人々が連れ立っていることの意を表す。「子供連れ」「親子連れ」「二人連れ
…ども、…連中などの意を表す。ややさげすんだり、軽んじののしったりする気持ちで用いられる。「役人連れに何がわかるものか」「足軽連れが何をぬかす」

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

つれ【連れ】

〔動詞「連れる」の連用形から〕
いっしょに行くこと。いっしょに行動をすること。また、その人。仲間。同伴者。 「船中で-になる」 「お-の方」
(普通「ツレ」と書く)能で、シテまたはワキに連れ添い、あるいはその補助的な役割をつとめる役柄。シテツレとワキツレがある。
関係。因縁。 「人皆の思ひやすみて-もなくありし間に/万葉集 928」 → つれもなし
種類。程度。たぐい。 「勝にのつてその-な事をいふ/狂言・岡太夫」
春宮坊とうぐうぼうの帯刀たちはきの一。脇の次。
(接頭語的に用いて)一緒に物事をする意を表す。 「 -平家」 「 -三味線」 → づれ

づれ【連れ】

( 接尾 )
〔動詞「連れる」の連用形から〕
名詞に付く。
それを連れていること、また、それらの人々が連れ立っていることを表す。 「子供-」 「二人-」 「親子-」
そこをいっしょに行くこと、また、その人を表す。 「道-」
それを軽んじののしる気持ちを表す。風情ふぜい。 「足軽-」 「秀頼公が家康-の下風に立つなど許せぬ」

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

連れの関連キーワード偕行山行随伴通行連む同勢同伴道連れ連立つ友船

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

連れの関連情報