遠因犠牲者(読み)えんいんぎせいしゃ

知恵蔵miniの解説

遠因犠牲者

事件・事故・災害など、死亡の理由になったと考えられる対象はあるが、それらにより直接的に死に至ったわけではない犠牲者のこと。直接的被害で死亡した人を「直接被害者(直接死)」、発生時に受けた傷などが原因となり後に死亡した人を「関連被害者(関連死)」というが、これらより関連性が低いと考えられるものを「遠因犠牲者(遠因死)」と呼ぶ。例として、震災による環境変化が原因で病没したと考えられる人、事故や戦争により心的外傷後ストレス障害(PTSD)などの精神障害に陥り自殺した人などが挙げられる。阪神淡路大震災(1995年)では、遠因犠牲者も2003年12月より犠牲者慰霊施設「慰霊と復興のモニュメント」に名前が刻まれるようになった。

(2017-4-27)

出典 朝日新聞出版知恵蔵miniについて 情報

今日のキーワード

別腹

1 これ以上は食べられない満腹状態でも甘い菓子なら食べられることを、別の腹に入るといった語。「甘いものは別腹」2 「べっぷく(別腹)」に同じ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android