コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

遠武秀行 とおたけ ひでゆき

2件 の用語解説(遠武秀行の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

遠武秀行 とおたけ-ひでゆき

1842-1904 明治時代の軍人,実業家。
天保(てんぽう)13年生まれ。もと薩摩(さつま)鹿児島藩士。維新後兵部省にはいり,明治10年横須賀造船所所長,15年共同運輸副社長となる。海軍大佐。24年軍籍をはなれ,日本鋳鉄,鋳鉄製造所の創設にかかわった。明治37年7月12日死去。63歳。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

遠武秀行

没年:明治37.7.12(1904)
生年:弘化1.1(1844)
明治時代海軍軍人,実業家。明治前期の海運・造船事業の発展に力を注いだ。鹿児島藩士。廃藩置県後,兵部省に入り海軍部に属す。明治8(1875)年に横須賀造船所長となり,11年欧米造船所の視察後,国内の民間造船所の間接保護を開始。また13年に東京風帆船会社社長,15年には同社を併合した共同運輸会社の副社長となり,三菱会社との海運競争に活動した。18年海軍省主船局副長,19年海軍大佐,24年予備役。その後は日本鋳鉄株式会社,鋳鉄製造所の設立に関与し,鋳鉄事業の振興に努力した。<参考文献>山口和雄・小風秀雅『近代日本海運生成史料』

(小風秀雅)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

遠武秀行の関連キーワード阿武清加賀美光賢黒岡帯刀斎藤有記実吉安純武田秀雄鶴田鹿吉日高謹爾平野勇吉河為久蔵

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone