遠藤 彦造(読み)エンドウ ヒコゾウ

20世紀日本人名事典の解説

遠藤 彦造
エンドウ ヒコゾウ

大正・昭和期の金属工学者 東北大学名誉教授。



生年
明治29(1896)年3月

没年
昭和30(1955)年8月26日

出生地
東京

学歴〔年〕
東京帝大理学部化学科〔大正10年〕卒

学位〔年〕
理学博士〔昭和15年〕

経歴
大正10年6月東北帝国大学講師、同理学部鉄鋼研究所兼務。12年助教授、昭和14年教授、同大金属材料研究所兼務。28年3月退官し、名誉教授となった。冶金学者として金属材料の腐食防食について研究、腐食試験機を発明、特殊鋼の発展に貢献するとともに、不銹鋼耐食性可鍛性に関する研究で学界、工業界に大きく寄与した。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

関連語をあわせて調べる